ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

バレンタインデーの由来は?チョコを贈るのは日本だけ!?

更新日:

『バレンタインデー』に、
男性にチョコレートを贈り、想いを告白...

えっ! これって日本だけなの!?

バレンタインデーの由来は?チョコを贈るのは日本だけ!?

 
バレンタインデーは、
「チョコレートを贈り、好きな人に告白をする日」♪
という事は、分かっていても ...

「なぜ2月14日なのか?」
と聞かれても答えられる方は、どれぐらいいるのでしょう?

 
そもそも、
「バレンタインデー」とは何なのか!?

どんな由来があって、
どうして、チョコレートなんでしょう?

 
そこで、今回の「ズバリ解決~っ!!(xyz...)」では、

バレンタインデーの由来』について、詳しく解説していきます。

 
また、バレンタインデーの起源についてはもちろん、
日本のバレンタインデー特有の『チョコを贈る!
という風習の、起源や由来についても調査してみました。d^^


Sponsored Link

バレンタインデーの由来

2月14日「バレンタインデー」は、
世界各地で「愛の告白」がされる日です♪

 
女性が男性に、チョコレートを贈り想いを伝える、
「バレンタインデー」ですが、

その始まりは、
3世紀頃のキリスト教の聖職者の
「聖ウァレンティヌス(Valentinus / Saint Valentine)」が関係してきます。

 
「ウァレンティヌス」は、
貧困層や病気持ちの人々を救おうと、尽力した慈善家であり、
正教会・カトリック教会などで聖人とされていました。

その生涯や人物像などについては不明な点が多く、
「真実は闇の中」とも言えます。

吹き出しicon「L01」

しかし、今もまだ受け継がれているのは、
それほどまでに、偉大な存在だったという事は間違いないようです。

 

バレンタインデーの起源と由来とは?

バレンタインデーの起源と由来とは?

 
『バレンタインデーの起源』については、
いくつもの伝説が存在していますが ...

これから話す物語は、その中でも有名な物語の1つで、
3世紀頃の、ローマ帝国時代までさかのぼります。

 

その当時のローマでは、2月14日は「女神ユノ」の祝日で、
ユノはすべての神の女王であり「家庭と結婚の神」とされています。

毎年、翌日の2月15日は、豊饒祭「ルペルカリア祭」
豊穣祈願に加え、安産や多産をも目的として行われていました。

当時若い男性と女性は生活が別々で、この日だけ一緒に居られる日でもありました。

それは...

【祭りの前日】
娘たちは自分の名前を書いた札を、壺の中に入れることになっていた。

【祭りの当日】
男たちは壺から札を一枚選び、引いた札に書かれている娘と、
祭りの間パートナーとして、一緒にいることと定められていた。

 
当時その時代は、この日しか異性と知りあう機会もなく
大概の場合は、恋が芽生えることとなります。

そして、男女の仲となり、
そのまま結婚という流れになることが多かったそうです。

 
ローマ帝国皇帝「クラウディウス2世ゴティクス」は、
愛する人を故郷に残し、引き離された兵士達の士気が下がるのを感じ、
ローマでの「兵士の婚姻の禁止令」を出したといわれています。

この当時のローマでは、キリスト教は受け入れられていませんでした。

そんな中、この婚姻禁止令を非人道的だと考えていた、
「ウァレンティヌス」は、秘密に兵士達の結婚式を行っていたのでした。

当然の如く見つかり、
監獄に入れられ「囚われの身」になってしまいます。

 
そして、獄中生活で出会う1人の女性...
その娘は、目が見えませんでした。

取り調べをした判事「アステリオ」の娘です。

吹き出しicon「L01」

「この続きは また次回に!」

 
というのは冗談ですが .... w

ちょっと話が長くなってしまったので、ここで小休憩♪

 
一息ついてから、
新たな展開を迎えた、ウァレンティヌスの続き(後編)をどうぞ d^^

 

娘は「ウァレンティヌス」の説教を聞くうちに、彼に惹かれていき、
やがて2人は、密かに心を通わせるようになっていきました。

「ウァレンティヌス」の愛の力によって、
奇跡が起こり、女性の目が見えるようになったのです。

 
それを知った「アステリオ」の家族は、キリスト教に転教しますが、
異教を排除したい皇帝は、それを知り激怒してしまいます。

そして、「アステリオ」一族を根絶やしに処刑し、
「ウァレンティヌス」には、酷い拷問を続けたうえ棒で撲殺という形で、
269年2月14日「ウァレンティヌス」を処刑するのでした。

処刑の日は、「ユノの祭日」であり、
「ルペルカリア祭」の前日である『2月14日』があえて選ばれ、
「ルペルカリア祭に捧げる生贄」にされたといいます。

 
それから時は過ぎ、5世紀496年ごろ、
当時のローマ教皇「ゲラシウス1世」は、
兵士達の風紀の乱れを憂慮し「ルペルカリア祭」を廃止します。

ただ、人気の祭りが禁止となると、
兵士達の反発を生むことは、間違いありません。

そのため、
兵士の結婚のために殉教していった「ウァレンティヌス」由来の祭り、
として話をすり替て、信じさせていったのです。

 
そして遂に、ルペルカリア祭は完全に廃止され、
新たに2月14日を『聖ウァレンティヌスの祝日』としました。

 

吹き出しicon「L01」

こうして、彼の殉教の日「2月14日」は彼の名が付けられ、
「バレンタインデー」が始まったとされています!

 
『聖ウァレンティヌスの日』が祝われたのは、
496年からとも言われていますが...
これらのエピソードや伝説が、語り継がれ始めたのは「中世」のことです。d^^

 
そして、伝説の人「聖ウァレンティヌス」は、
『3人』いたとされているらしい...。

  • ローマの司祭
  • インテラムナ(現在イタリアのテルニ)の司教
  • ローマ帝国領アフリカの殉教者

 
また同時に、同一人物・架空の人物ともいわれ、
今では、カトリック協会の典礼暦に名は無いのです。d^^

吹き出しicon「L01」

実在したという証明がないため、
2月14日の「ヴァレンティヌスの記念日」が取り除かれ、
現在、キリスト教の公式な祝日ではないようです。


Sponsored Link

日本のバレンタインデー

誰でも1度は、想いを寄せる男性に、チョコレートを贈り、
告白をしたことがあるのではないでしょうか?

ご存知のように、
日本では、女性が男性にチョコレートを贈り、
愛の告白をするのが「バレンタインデー」です♪

しかし!

バレンタイン発祥の地、ローマのあるイタリアでは、
日本とは違い、男性が女性にプレゼントを贈るのが一般的です。

その他では、想いをよせる男女双方が、
カードや花などをプレゼントする!という国が多いようです。

吹き出しicon「L01」

なかには、日本のようにチョコレートを贈る国もあるそうですが、
「義理チョコ」「ホワイトデー」は、日本独特な習慣のようですね。

 

バレンタインにチョコを贈る由来と起源

バレンタインデーにチョコを贈る!「日本の起源と由来は!?

 
今や誰もが、当たり前のように行っている、
「バレンタインデーにチョコレートを贈る」という風習。d^^

この由来や、起源などを調べていくと...

1936年(昭和11年)
事の始まりは、日本で最初に「バレンタインデー」の、
広告を出した「神戸モロゾフ製菓」といわれています。

知人のアメリカ人新聞記者が、
「欧米のバレンタインの習慣を紹介した」のがきっかけだそうです。

その後、デパートが宣伝したことはあったのですが、
さほど定着はしなかったようです。

 
時は過ぎ、1958年(昭和33年)、
日本のバレンタインデーが再出発したのは、
「株式会社メリーチョコレートカムパニー」の営業主任が
ヨーロッパの知人から、バレンタインの話を聞きました。

その影響を受けて、
「バレンタインには女性から男性へチョコレートを贈りましょう♪」
という販売促進キャンペーンを、東京・新宿の伊勢丹デパートで行いました。

吹き出しicon「L01」

このキャンペーンこそが、
女性から男性へという『日本のバレンタインの起源』なんです。d^^

 
メリーチョコレートカムパニーによると、
「女性から...」 とした理由は、
デパートで買い物をするのは、圧倒的に女性が多かったからです!

また、当時の風潮を受けたものだといわれています。

吹き出しicon「L01」

その風潮とは、1960年(昭和35年)代後半に、
アメリカ合衆国で起こった「ウーマン・リブ運動」の影響です。

 
さらに、『チョコレートの日(2月14日 記念日)』と、
バレンタインデーに因んで、日本チョコレート・ココア協会が制定しました。

その後、多くのチョコレート会社が、
「バレンタイデーにチョコレート」の販売促進を進めていくうちに、
昭和40年代末~50年代にかけて、徐々に盛り上がりをみせ、
現代のような、盛んな行事になっていったのです!

 
 
これらの事をいろいろ調べた結果、
超~簡単に言ってしまえば...

チョコレートを売るために、
バレンタインデーをうまく利用した「お菓子業界の販売戦略」

という事ですねっ w(汗)

吹き出しicon「L01」

にしても...
戦前に気づいたモロゾフって凄い!と思ったのは私だけでしょうか?


Sponsored Link

-行事・イベント
-, , , ,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.