ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

書き損じの年賀状は切手に交換できる?手数料や期限は!?

更新日:

新年の挨拶は、
やはり、毎年きちんと「年賀状」を出したいものです。

住所を書いて~♪ 名前を書いて~♪

『間違えた・・・(汗)』 また やってしまった。(泣)

書き損じの年賀状は切手に交換できる?手数料や期限は!?

 
この様に、漢字を間違えてしまったり、
違う人の名前を書いたり、逆さに書いてしまったりなど...

間違えない様に、注意しているつもりだけど、
すればする程、なぜか間違えてしまう。

こんな経験、おそらく私だけではないはずです w。

 
失敗した年賀状は、どうしていますか!?
もしかして、捨ててしまったりはしていませんか?

 
郵便局に持っていけば、
「書き損じの年賀状を交換」してもらえる事はご存知ですか!

知っていても、
「はがきに交換してもらっても、そんなに使わないし...」
「切手だったら、もっと使い道があるのに...」
といった方も、少なくないかもしれませんね。d^^

 
そこで、
今回の「ズバリ解決~っ!!(xyz...)」では、

書き損じの年賀状は切手に交換』できるのか?

  • 交換の手数料はいくらかかるのか?
  • 交換の期限などはあるのか?

などについても調査してみたので、詳しく説明していきます。d^^


Sponsored Link

書き損じの年賀状

慎重に書いているつもりでも、
なぜか、必ずと言っていい程、間違えてしまう年賀状。

「間違えた年賀状を、少ない枚数だからと捨てていた!」
「捨ててはいないが、何年もずっとそのまま置いてある!」

この様な方は、実にもったいない事をしているのです!d^^

 
なぜなら、
「書き損じた年賀状」「余った年賀状」は、
手数料を支払えば、郵便局の窓口で以下の物に交換できるからです!

  • 通常はがき
  • 年賀状(※ 条件によっては、無料で交換することもできます。)
  • 往復はがき
  • 通常切手
  • 郵便書簡
  • レターパック等
吹き出しicon「L01」

年賀状は、様々な場所で販売されていますが、
「郵便局」のみで交換してもらえます!

ですので、コンビニ等に持ち込んでも、
交換してもらえないので、注意してくださいねっ d^^

 

年賀状を「切手」に交換

書き損じの年賀状を「切手」に交換!

 
「はがきに交換してもらっても、結局使わないし」
といった場合でも...

書き損じた年賀状などは、
上述の様に、はがき以外の切手にも交換可能です!

また、「手数料」は現金払いなんですが、
この手数料、実は「切手」で支払うこともできるんですよっ d^^

吹き出しicon「L01」

ですので、交換しない手はありません!
これからは、捨てないように取っておいてくださいね♪

 
交換の際の「手数料」「期限」などは、
『交換する(郵便局に持ち込む)もの』によって、異なる場合があります。

 
ですので 次からは、
これらについて、それぞれに見ていきましょう♪

 

書き損じ(未使用)の年賀状の交換

「書き損じの年賀状」であっても、
未使用の状態(送っていない)なら、「切手」などに交換可能です。

『手数料』は、手持ちの年賀状 1枚につき「5円」で、
『期限』はありませんが、「新しい年賀はがき」に交換する場合は、
その年の『販売期間内』のみ交換可能となります!

【例:書き損じ年賀はがきが10枚ある場合】

1枚当たり交換手数料「5円」× 書き損じはがき「10枚」= 合計手数料「50円」


Sponsored Link

未使用の年賀状の交換

多く買いすぎて、「未使用」のまま余っている年賀はがきは、
「切手」などに交換可能ですが、換金(お金に変える)する事はできません。

『手数料』は、手持ちの年賀状 1枚につき「5円」ですが、
古い年賀はがきから「新しい年賀はがき(今年)」に交換する事はできません。

交換の『期限』などは特にありません。

誤って「別の種類の年賀はがき」を購入してしまい、
他の種類の年賀はがきに交換する場合、『手数料無料』です!

無料の『交換期間』は、お手持ちの年賀はがきの販売期間内、
「販売開始日」から「販売期間終了日」までですが、
四面連刷と、広告付きのものは対象となっていません。

 

「喪中」の場合は?

近親者のご不幸による服喪のため、利用できなくなった
「お年玉付郵便はがき」「寄附金付お年玉付郵便切手」は、
『手数料無料』で以下のものと交換できます!

  • 通常切手(弔事用切手を含みます)
  • 通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
  • 特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)
  • 郵便書簡

年賀はがきに、印刷や書き込みしてしまっていても無料交換可能ですが、
『交換期間』は、お手持ちの年賀はがきの販売期間内、
「販売開始日」から「販売期間終了日」までです。

喪中であることを伝えて、
窓口にある「備え付けの請求書」に記入する必要があります!
(請求される方の住所、氏名および亡くなられた方との続柄等を記入する。)

 

古い年賀状の交換

書き損じの「古い年賀状」も切手に交換できる!

 
たとえば、1年前や5年前、
10年前といった様な「古い年賀状」でも、交換する事ができます。

吹き出しicon「L01」

ですので、書き損じの年賀状を、
何年か溜めておいて、交換するのもいいと思いますよっ♪

 
『手数料』は、手持ちの年賀状 1枚につき「5円」で、
交換の『期限』などは特にありません。

未使用であれば、「未使用の年賀状の交換」と同様ですが、
今年の年賀状に交換することはできません!

吹き出しicon「R01」

販売している年賀状に交換できるのは、販売している年賀状のみです!

 

書き損じの年賀状を切手に交換「さいごに」

書き損じた年賀状などの交換では、
他に、『気を付けなければならない事』があります!

交換するために、せっかく郵便局に持ち込んだのに、
「交換してもらえない」という場合もあるからです。d^^

 

料額印面(料金を表す部分)を汚したり、き損した郵便切手などは、
無効となり、交換する事ができなくなります!

 
「交換してもらえると思って、
 持って行ったのに、交換してもらえなかった ...」

なんて事にならない様に、気を付けましょう!

吹き出しicon「L01」

これからは、もし年賀状を書き損じてしまった場合でも、
きれいに保管しておいて、郵便局で交換してもらってくださいね!


Sponsored Link

-生活・暮らし, 行事・イベント
-, ,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.