ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

「お中元」「お歳暮」「暑中見舞い」の時期!関東と関西では違うの?

更新日:

人と関わって生きていく上で、
誰に対しても「礼儀」を重んじる事が大切です。

それを形にしたものが、
『お中元やお歳暮を贈ること』といえます。d^^

「お中元」「お歳暮」「暑中見舞い」の時期!関東と関西では違うの?

 
だからと言って、
お付き合いのある方、すべてに「お中元」「お歳暮」を贈るとなると、
毎年その人数は増えるばかりで、経済的に負担が増える一方です。

また、ただ義理だけの贈り物になってしまうと、
相手にとっても、負担になってしまうかも知れないので、
「贈る相手を選ぶこと」も大切な事ですね。d^^

 
そして、次に肝心なのが「贈る時期」なんです!

 
お中元やお歳暮などを『贈る時期』は、
どの地域も、同じ時期だと思っていませんか!?

私は、何の疑いもなく同じだと思っていました w。
むしろ考えた事すら、なかったかもしれません(汗)。

 
たとえ、私の様にまったく無関心であったとしても、
贈る側の立場になれば、知らないでは済まなくなります。

 
そこで、今回の「ズバリ解決~っ!!(xyz...)」では、
お中元やお歳暮を贈る時期』や『暑中見舞いを贈る時期』、
それぞれの地域による違いなどについて、詳しく紹介していきます!

吹き出しicon「L01」

違う地域に贈る場合、
まずは こちらを参考に、確認してみてくださいね~ d^^


Sponsored Link

「お中元」「お歳暮」と「暑中見舞い」

『お中元』『お歳暮』は、
お世話になっている方々(親類・仕事関係・知人)に対して、
感謝と健康を祈る気持ちとして贈るものです。

対して、『暑中見舞い』は、
お世話になっている方々の、安否を尋ねるために、
お宅を訪問したり、手紙を出して近況を報告することです。

吹き出しicon「L01」

また、お中元の代わりに『暑中見舞い』として贈る事もできます。

もし、お中元の贈答時期が「忌中に掛かって贈れない」場合や、
お中元の時期が、
「7月16日~8月15日の地域」「7月1日~7月15日の地域」に贈る場合などは、
熨斗紙に『暑中見舞い』と書いて、ご挨拶として贈ります。

 

お中元・お歳暮・暑中見舞いを贈る時期

いざ、お中元・お歳暮・暑中見舞いを贈ろうと思っても、
いつ贈ればいいのか分からない...。

または、例え贈る時期が分かっていても、
遠い地域の親戚に贈る場合では、必ずしも贈る時期が同じとも限りません。d^^

 
「お中元」「お歳暮」「暑中見舞い」を贈る時期は地域によって違う!

 
せっかく贈ったのに、「その地域では時期が終わっていた...。」

もしかして、このような事が起きているかもしれません。

吹き出しicon「L01」

そうならないためには、
贈る時期を、しっかり把握しておく必要があります。d^^

 

関東と関西では贈る時期が異なる

まずは分かりやすく、
東西の地域、「関東」「関西」に分けて見てみましょう!

 

関東 関西
お中元 7月1日~7月15日 7月15日~8月15日
お歳暮 12月1日~12月20日 12月10日~12月20日
暑中見舞い 梅雨明け後から 8月6日まで -

 ※8月7日(立秋)~8月31日までは「暑中見舞い」ではなく『残暑見舞い』になります。


Sponsored Link

 

「お中元」を贈る時期

お中元の場合、

  • 関東地方では、新暦で行うことから「7月初めより中旬」頃まで
  • 関西地方では、旧暦で行うことから、1ヶ月遅れの「8月初めより中旬」頃まで

に贈るのが一般的です。

 
では今度は、
それぞれ地域別で、さらに詳しく見ていきましょう。d^^

 
【各地域のお中元を贈る時期】

  • 北海道

    7月15日~8月15日

    お中元を贈る期間に、余裕がある地域といえます。

    関東地方などから、7月15日よりも早くお中元が届くことがあるためか、
    北海道でのお中元の時期も、7月中に贈る方が多くなり、徐々に早まってきているようです。

  • 東北・関東

    7月1日~7月15日

    7月初旬から7月15日までと、お中元の期間が2週間程度しかありません。

    東京・神奈川周辺では、お中元の時期が年々早まっているようで、
    6月20日ごろから贈りはじめる方も増えているようです。

    それはなぜかというと、お中元の期間が短いという所にあります。

    短い期間にお中元の配送が集中してしまい、
    日時指定ができなかったり、また日時を指定できたとしても、配送が遅れることがあります。

    これを避けるために、早目に配送する方が増えてきているようですね。

  • 北陸

    7月1日~7月15日

    北陸地方の都市部を中心とした広い範囲では、関東に合わせた時期になっています。

    能登地方だけは、北海道と同じ7月15日~8月15日と遅い時期になるようで、
    北陸の方にお中元を贈る場合は、特に注意が必要となります。

  • 東海・関西・中国・四国

    7月15日~8月15日

    お中元の時期が最も早い関東の影響を強く受け、
    年々早まり、お中元を早めに贈る方が増えているようです。

    8月16日から9月上旬までは残暑見舞い扱いとなります。

    しかし地域によって、9月に入って残暑見舞いを贈ると、
    先方に届くのが遅いと思われる可能性もあるので、贈る地域の確認はしておきましょう。

  • 九州

    8月1日~8月15日

    九州の方にお中元を贈る場合は、8月に入ってから届くのが一般的ですが、
    やはり九州でも、他の地域の影響で、年々お中元の時期が早まる傾向にあり、
    7月中に贈る方も増えているようです。

  • 沖縄

    旧暦の7月15日まで(旧暦のお盆3日間)

    唯一、沖縄だけは他の地域と全く異なり、
    旧暦のお盆で行なうという事で、毎年お中元の時期が違ってきます!

    その年の「旧暦7月15日」までに届くように贈らなければいけません。

吹き出しicon「L01」

「お中元を贈る時期」に関しては、
関東に合わせて、全国的に早くなる傾向になっているようですが...

『お歳暮を贈る時期』は、どうなんでしょう!?

「お中元」と「お歳暮」を贈る時期の違い!

 

「お歳暮」を贈る時期

では次に、お歳暮を贈る時期について見ていきましょう。

 
お歳暮の場合、関東地方以外の地域では、
「12月10日以降から12月20日頃」が一般的とされています。

  • 関東

    12月1日~12月20日

  • 関東・沖縄以外

    【北海道・東北・北陸・東海・関西・中国・四国・九州】

    12月10日~12月20日

  • 沖縄

    12月1日~12月25日

吹き出しicon「L01」

地方によって、若干の違いがありますが...
「お歳暮」の場合、
年末の忙しくなる前の『12月20日まで』に贈る方がいいようです。d^^

 
お歳暮についての詳細は、
 別記事『お歳暮の時期はいつからいつまで!?』を参照してください。

お歳暮の時期っていつからいつまで?関東と関西では違う!?

贈る時期を考えなくてはいけない商品

ご覧の様に、
「お中元やお歳暮を贈る時期」というのは決まっていますが...

さらに、『贈る時期を考えなくてはいけない商品』があります。

 
特に、お歳暮の場合、
お正月用として、生ものを贈る方も多いようです。

魚介類など、賞味期限が数日程度の生鮮品を贈るなら、
お正月に食べる用として「12月末頃まで」に贈るといいです。

吹き出しicon「L01」

しかし、お歳暮の品として「生もの」を贈る場合、
保管の問題などで、迷惑になってしまうこともあるので注意が必要です d^^


Sponsored Link

-生活・暮らし, ショッピング
-,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.