ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

将棋タイトルの序列は!?現在の8タイトル戦の賞金は?

更新日:

突然ですが、
11月17日は何の日かご存知ですか?

あまり聞きなれない記念日ですが、
実は、『将棋の日』なんです! d^^

将棋タイトルの序列は!?現在の8タイトル戦の賞金は?

 
最近では、藤井聡太七段や、
ひふみんこと、加藤一二三九段の活躍などで、
密かなブームとなって、盛り上がっている将棋界

そのため、ニュースやバラエティーなどで、
目にする機会も、非常に多くなっていますよねっ。

 
例えば、「名人」という言葉は、
将棋以外でも、一般的にも、多く使われていますが...

あまり将棋に興味がなくても、
「竜王」「タイトル戦」など、耳にしたことはあるかと思います。

しかし ...
なんとなくは、わかっている様でも、

  • 名人と竜王って どっちが強いの!?
  • タイトル戦って いくつあるの!?
  • タイトルの序列って どうなっているの!?
  • 段とタイトルの関係って!? など、

たとえ、将棋のルールを知らなくても、
なんとなく、疑問に思ったことも少なくないのでは?

吹き出しicon「L01」

意外にというか、
ほとんど、まったく知らない世界なのかもしれませんね。

 
そこで、今回は、
現在の『将棋のタイトルの序列』について、ズバリ解決~っ!!(xyz...)です!

また、誰もがちょっと気になる、
「タイトル戦の賞金額」についても、調査してみました。


Sponsored Link

将棋タイトルの序列は!?

現在、将棋の「タイトル戦」は8戦あります。

それぞれのタイトル戦の勝者が、
当然、タイトルホルダーになるので ...

必然的に、
将棋のタイトルは「8つ」ということになりますねっ!d^^

どのタイトルの格が高い!?

将棋のタイトルには、
言わば、「格付け」の様なものが決まっています。

つまり、
これら、8つのタイトルには『序列』があるのです!

 
現在の将棋8タイトルの序列は!?

 

8タイトルの序列とは?

では、どのタイトルに最も権威があって、
いったい、どんな序列の順番で並んでいるのでしょう?

現在の「8タイトル」になる前に、少しさかのぼって、
「7タイトル」の頃から、順を追ってみていくことにします。

 
将棋のタイトルが、まだ「7つ」の時代、
2010年以降のタイトル序列は、以下のとおりでした。

  1. 「竜王」
  2. 「名人」
  3. 「王位」
  4. 「王座」
  5. 「棋王」
  6. 「王将」
  7. 「棋聖」

※ちなみに、この序列は一部変更されていて、
 変更前(2009年以前)の序列では、「棋聖」が3位の位置づけになっていました。

 
これらの位置づけは、獲得賞金によって決定されています。

吹き出しicon「L01」

つまり...
この中では、竜王が最も賞金額が高く、
棋聖が、いちばん賞金額が低いということになります。

 
そして、去る2017年5月には、
『叡王戦』がタイトル戦への昇格を発表されました。

そこで、気になるのが、
この「タイトルの序列順位」ですよね?

 
叡王の序列は3番目、つまり「第3位」となっています。

ですので、序列の順位関係は...

  1. 「竜王」
  2. 「名人」
  3. 「叡王」
  4. 「王位」
  5. 「王座」
  6. 「棋王」
  7. 「王将」
  8. 「棋聖」

となり、これが「現在の8大タイトル」ということになります。

吹き出しicon「L01」

なかでも、
竜王戦と名人戦は、飛び抜けて格のあるビッグタイトルとなっています。

 
タイトル戦の時期は、それぞれ異なりますが、
1年に1期、タイトル保持者と対戦する挑戦手合が行われます。


Sponsored Link

現在の8タイトル戦の賞金は?

そもそも、
将棋のタイトル賞金って、いくらぐらいなの!?」

次は、
気になる「賞金額」についても、見ていきましょう!

タイトル戦 賞金(推定) スポンサー
竜王戦 4200万円 読売新聞社
名人戦 2000万円 毎日新聞社・朝日新聞社
叡王戦 不明(*1) ドワンゴ社
王位戦 1000万円 ブロック紙3社連合(*2)
王座戦 800万円 日本新聞社
棋王戦 600万円 共同通信社
王将戦 300万円 スポーツニッポン新聞社・毎日新聞社
棋聖戦 300万円(*3) 産経新聞社
*1)賞金は非公表ですが、2000万円前後といわれています。
*2)北海道新聞社・中日新聞社(中日新聞・東京新聞)・西日本新聞社・神戸新聞社・徳島新聞社
*3)以前は約1000万円でしたか、現在では300万円前後となっています。

 

将棋タイトルの序列と現在の賞金額「さいごに」

将棋の「タイトル序列」と現在の「賞金額」

今回は、
「将棋タイトルの序列」「タイトル戦の賞金」などについて、
紹介してきましたが、どうでしたか?

吹き出しicon「L01」

たとえ、将棋の駒の動かし方さえ知らなくても、
これらを知っているだけで、今まで「?」となっていた、
ふとした瞬間が、解決できたのではないでしょうか。

 
ちなみに、非タイトルではありますが ...

今回見てきた「8つのタイトル」の他にも、
「準タイトル戦」と呼ばれる扱いの位置づけにあたる、

  • 朝日杯(賞金額 1000万)
  • NHK杯(賞金額 500万)
  • 銀河戦(賞金額 非公開)
  • JT杯将棋日本トーナメント(賞金額 500万)
  • 新人王戦(賞金額 200万)

など、一般公式戦もあります。

吹き出しicon「L01」

非タイトル戦でも、賞金はこんなにあるんですね!

 
将棋の世界は、
まだまだ奥が深く、知らないことばかりですが、
少し知ってみるだけで、楽しくなりますよね?

 
そしてやはり、
若者の活躍は、どの世界でも応援したくなってしまいます。

今後の藤井聡太くん、
いや、藤井七段の活躍が大いに楽しみです♪


Sponsored Link

-趣味
-,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.