ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

足の裏にできる「魚の目・タコ・イボ」の違いはコレ!その原因は!?

投稿日:

「魚の目」「タコ」「イボ」

このどれかができた事がある方は、けっして少なくないのでは?

しかし、この3つを正確に区別して、
「○○ができた!」と言っていましたか!?

足の裏にできる「魚の目・タコ・イボ」の違いはコレ!その原因は!?

 
「足の裏に、魚の目ができてなかなか治らないな~」

そう思っていたものが、実は「イボ」だった...。

 
この様に、魚の目だからと放置した結果、
痛みや変わった症状がでてきて、魚の目ではない事に気づいた(汗)。

 
「足の裏に何かができた~!」と思っている人の中で、
しっかり区別できていない場合が、意外と多いのではないでしょうか?

と言っている私も、実はその1人でした w。

 
そこで、今回の「ズバリ解決~っ!!(xyz...)」では、

足の裏にできる「魚の目」「タコ」「イボ」の違いについて、詳しく解説していきます!

 
たとえば、足の裏にできた「できもの」が、
そのまま何事もなく、無くなってしまえば問題はないかもしれません。

しかし!
悪化したり、痛みが出てしまった時に困ってしまいます。

気づいた時に、まず「何ができているのか?」を知るだけで、
当然、対処の仕方も変わってくると思います。

 
ですので、
これら(魚の目・タコ・イボ)の「違い」についてはもちろん...

間違った判断をしないために、
それぞれの「特徴」「症状」を把握して、区別できることが大切です。d^^

吹き出しicon「L01」

あくまでも、「この様な症状が多い!」という『目安』にすぎません、
正しく診断されることが大切ですので、早めに皮膚科で受診して下さい。


Sponsored Link

「魚の目」「タコ」「イボ」の違い

ご存知のように、
「表皮」は、角化細胞が層状に配列してできており、
その一番外側の角質層は、硬い層になっています。

その皮膚のおかげで、
外界刺激や、外部の菌から体を守ってくれています。

 
特に、足の裏の皮膚が硬くなるのは、
歩くことにより体重を支える!など...
様々な刺激を多く受けるため、角質層を厚くして守っているからです。

「魚の目」「タコ」ができるのは、
この刺激によって、さらに皮膚が厚く硬くなることが原因なのです。

それによって、より硬くなった皮膚が、
「魚の目」になるか「タコ」になるかは、刺激の受け方によって変わってきます。

吹き出しicon「L01」

しかし!
『イボ』の場合は、まったく異なる原因でできてしまうので、
「魚の目やタコとは違った注意」が必要となります!

 

魚の目・タコ・イボの「特徴」と「症状」

似ているようで実は違う「魚の目」「タコ」「イボ」

足の裏にできた魚の目・タコ・イボ!「特徴と症状の違い」

 
それでは、それぞれの『特徴』と、
その『症状』について、順番に見ていきましょう。d^^

 

「魚の目」の特徴・症状

「魚の目」の特徴と症状

  • 【特徴】
    • 通常大人の足の裏や指などにでき、
      歩行や圧迫により、激しい痛みを伴うのが特徴です。
    • 真ん中に丸い半透明の、楔状の硬くなった「角栓」が見られます。
    • 中心が魚の目や鶏の目に似ていることから、
      「魚の目(ウオノメ)」あるいは「鶏眼(けいがん)」と呼ばれています。
  • 【症状】
    • 角質が厚く芯のようになり、真皮に向かって楔状に食い込んで行きます。
      圧迫や歩行などに伴って、
      楔状に食い込んだ角質の芯が神経を圧迫して、痛みが生じます。
    • 痛みは押すよりも、つまむ方が痛みを感じる事が多いそうです。
    • 足の裏には、「ミルメシア」と呼ばれる、
      「魚の目に似た、痛みのあるイボ」ができることがあります。

 

「タコ」の特徴・症状

「タコ」の特徴と症状

  • 【特徴】
    • 足の親指の付け根、踵などに出現することが多く、
      皮膚の表面が厚く硬くなります。
    • 「魚の目」と違い通常では、痛みがないのが特徴ですが、
      大きくなると、痛みが出る場合もあります。

      吹き出しicon「L01」

      その他でも、「タコ」に痛みや赤みを伴う場合は、
      細菌感染を起こしている可能性がありますので、
      早めに皮膚科で受診して下さい。

  • 【症状】
    • 「魚の目」と違い、刺激を受けた全体の皮膚が少し黄色味を帯び、
      厚く硬くなって盛り上がります。

 

「イボ」の特徴・症状

「イボ」の特徴と症状

  • 【特徴】
    • 皮膚が盛り上がってできた腫瘍のことをいい、初めは小さな皮膚の隆起が起こり、徐々に表面がガサつきドーム状に盛り上がります。
    • 足の裏にできる「イボ」は、平らなことが多く、
      「魚の目」や「タコ」と見分けがつきにくい場合もあります。
  • 【症状】
    • 一般的に痛みなどの症状はありませんが、足の裏にできたイボが大きくなり、歩くと痛みを感じることもまれにあります。
    • 足の裏にできる「足底疣贅(そくていゆうぜい)」、
      別名「ミルメシア」は、他のイボとは違って痛みを伴います。

      吹き出しicon「L01」

      その上、見た目も「魚の目」にそっくりな症状なので、
      よく間違われるため、特に注意が必要です!


Sponsored Link

足の裏にできる「イボ」の原因は?

足の裏にできる「イボ」の原因は...

一般的に「イボ」と呼ばれているものは、ウイルスが感染して起こる、
『ウイルス性疣贅(ウイルスせいゆうぜい)』と呼ばれる「ウイルス性」ものです。

手や足の目に見えない傷からも、
皮膚の細胞にウイルスが感染するため、イボができてしまいます。

 
感染を受けた基底細胞は、
細胞分裂が活発になり、周りの正常な細胞を押しのけて増え続け、
感染した細胞が塊になって、ある程度の大きさまで大きくなるようです。

 
ウイルス性イボの原因については、
別記事『足の裏にできるウイルス性イボの原因』で、さらに詳しく説明しています。

「ウイルス性のイボ!?」足にできたイボの原因とその種類とは!

 

足の裏にできる「魚の目」や「タコ」の原因!

上述の様に、イボ(ウイルス性)ができてしまうのは、
魚の目やタコとはまったく異なり、その原因は「ウイルス感染」です。

では、
「魚の目」や「タコ」ができる原因はなんでしょう!?

 
「魚の目」「タコ」の場合...

どちらも、足の裏・手足の指・足関節など、
一定の場所に、繰り返し摩擦や圧迫などの刺激が加わることによって、
角質層の皮膚が厚くなり、その結果硬くなります。

これらは、
足に合わない靴や、クッション性の無い靴を履いたり、
一部だけが圧迫されるような歩き方をすることが原因で、
足の同じ場所に、機械的な刺激が加わることによってできます。

 
「魚の目」は、主に足の裏にできる事が多いのに比べて、
「タコ」の場合は、足の裏以外にも身体のあらゆる場所にできてしまいます。

 

  • 立ち仕事が多い職業
  • ハイヒールなどつま先が細い靴
  • 小さすぎ、大きすぎる靴
  • 偏平足
  • 外反母趾などで骨が出ている部分
  • ペンの持ちすぎ
  • 正座をよくする
  • スポーツ

 

吹き出しicon「L01」

職業や生活習慣、また、その人の癖などによって、
これらの様な、様々な原因が考えられます。d^^


Sponsored Link

-生活・暮らし, 健康
-, , , ,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.