ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

クローゼット収納のアイデア!奥行きを有効活用する方法はコレ!

更新日:

普通に暮らしているだけで、
服や物って、次第に増えていきますよね。

ふと気づくと、
本来の収納すべき場所以外にも、溢れかえってませんか?

クローゼット収納のアイデア!奥行きを有効活用する方法はコレ!

きれいに片づけられた部屋に憧れ、
ハンガーラックや、収納ボックスなど購入!

誰でも一度は、
「憧れのマイルーム」に挑戦したことってありますよね!?

しかし、いざ収納してみると、
片づいているイメージだけはあるものの、何もうまく収まらない。

 
「収納ボックスを、
 クローゼットに並べてみたら、奥にすき間が...」

「収納がなかなか上手くできずに、挫折してしまい、
 気づけば、ソファーなどに掛けっぱなし...」

そんな経験ありませんか?

実は、私も以前はそうでした!
限りある収納スペースを、うまく活用する事ができなかったのです。

 
今回の「ズバリ解決~っ!!(xyz...)」は、
クローゼットの奥行きを有効活用する収納アイデア』です♪

単なる収納方法だけにとどまらず、
「どこをどう利用するのか?」「どの様な手順で行うのか?」など、
ポイントやコツについても、紹介していきます。d^^


Sponsored Link

クローゼット収納のアイデア

必ずあると言っても過言ではない「デッドスペース」
クローゼットの場合、特に『奥行き』を、
上手く有効活用する事で、断然、収納力が向上します。

しかし、
普通に収納しているだけでは、必ず物は溢れてきます。

 
では、どのようにすれば、
クローゼットの奥行きを有効活用できるのでしょう?
 

クローゼット収納「その前に!」

まずは、収納する前に考えること!で、
効率の良い収納ができ、作業もはかどりますよ。d^^

【収納の前にやるべき「4つのコト」】

  • 「断捨離する」こと!
    買うばかりでは物があふれ、収納も大変です。

    何年も着ていない服などは、
    これを機に、思い切って処分してしまいましょう。
     

  • 「イメージする」こと!
    どんな感じにするのか?
    あらかじめ考え、具体的なイメージをもって始めましょう。
     
  • しっかり「寸法を測る」こと!
    「縦・横・高さ」の寸法を、ミリ単位までしっかりと測りましょう。

    細かく採寸しておくことで、
    よりピッタリと、フィットする物を選べるからです。
     

  • 「同じ種類の物を買う」こと!
    2個以上購入する場合は、同じもので揃えましょう。

    また、同じ種類のサイズ違いを使って収納すると、
    見栄えも良く、スッキリとして清潔感も感じられます。

 
これらのコトを考え、
購入する物はもちろん、寸法などもメモしてから行いましょう♪

限られたスペースに合う物を、しっかり選び、
無駄な奥行きを、有効活用することで、
誰でも、スッキリ綺麗に収納できるようになりますよ。d^^

 

クローゼットの奥行きに合わせた収納アイデア

クローゼットの奥行きサイズは、
約60㎝前後が一般的となっています。

しかし最近では、
様々な広さが使われていることも少なくない様です。

 
ですので、
今回は、クローゼットの奥行きが広い場合と、
狭い場合の、デッドスペース活用方法に大別してみました。

あらかじめ、収納方法をイメージする際、
どんな感じにしたいのか? 迷った時の参考にしてみてください♪

クローゼットの奥行きに合わせた収納アイデア

奥行きが広い場合の収納アイデア

クローゼット奥行きが広い場合、
スペースを、上下に分けて考えることで、
無駄のない効率的な収納が、簡単にできてしまいます。

結果として、
デッドスペースにあわせた収納が、スムーズにできるため、
最大限活用できるばかりか、使いやすさも向上します。d^^
 

上部分の奥行きを利用

奥行きのある広いクローゼットの上部分は、
基本的に、「手前」と「」の2つに分けることで、
衣替えの入れ替えが、簡単でスムーズにできる様になります。

  • 手前側・・・よく着るオンシーズンの洋服など
  • 奥側・・・オフシーズンの洋服や、あまり着ないフォーマルウェアなど
  • 【収納のアイデア】
     
    今ついているハンガーパイプの奥に、
    もう一本『強力な突っ張り棒』を取り付けます。

    洋服を掛けるだけじゃなく、
    「吊るすタイプの布製ラック」を付ければ、
    バッグなども収納できて、出し入れも容易になります。

    吊るすタイプの布製ラックは、
    多用途に使用できるので、収納の幅も広がります。

  • 【突っ張り棒の種類】
     
    カーテンやのれんなどの取り付けに最適な「スリムタイプ」や、
    物干しや収納アイテム用に強化されている「強力タイプ」など、
    突っ張り棒にも、様々な種類があります。

    また、サイズや耐荷量、素材(カラー)など、
    目的に合わせて、豊富な中から選ぶことができます。

吹き出しicon「R01」

100均ショップ「Seria(セリア)」の場合...

サイズは、
20~30cm・30~50cm・35~60cm・40~70cm・65~110cm
SS 25~40cm・M 55~90cm・L 70~115cm など

カラー(素材)のバリエーションは、
ブラック・木目・ホワイト・アルミ・花柄などがありましたよっ!

(ちなみに、耐荷量は「1㎏前後」です。)

 

下部分の奥行きを利用

奥行きのあるクローゼットの下部分は、

  • ボックス型」収納
  • ワゴン型」収納
  • 棚型」収納

の、いずれかが便利です。

  • 【ボックス型収納のアイデア】
     
    奥には、「キャスター&フタ付きボックス」を積み置きし、
    手前には、「引き出しタイプのケース」を置きます。

    各ケース共、大きいものはNGです!

    ケースの中を分けなければ、グチャグチャになってしまいますので、
    あまり大くないボックスで、分類したほうが使いやすいと思います。

    また、取り出しやすさを考慮して、
    「キャスター付き」のケースを選ぶことをおすすめします。d^^

  • 【ワゴン型収納のアイデア】
     
    ワゴンスタイルで、クローゼットの奥まで有効活用できる、
    カート型ワゴン「クローゼット収納ラック(ワゴン)」を設置します。

    毎日使う頻度の高い物や、Tシャツ・タンクトップなどは、
    このカート型ワゴンが、ダントツにおすすめです。

    キャスター付きで、出し入れも簡単にできます。

  • 【棚型収納のアイデア】
     
    棚型収納の場合は、以下の「3つの方法」がおすすめです。d^^

    • メタルラック』で収納!
       
      奥行きのスペースに合わせて、「メタルラック」を設置します。

      メタルラックは、頑丈でパーツも豊富に揃っているので、
      好きな段差を組み立てれば、小物類も定位置に収納しやすくなります。

      ボックスタイプのケースを使って、
      分類する場合なども、置きやすくて取り出しやすくなります。 

    •  

    • カラーボックス』で収納!
       
      「カラーボックス」を、奥にいくつか並べることで、
      簡易的な棚を作ることで、収納棚として利用します。

      さらに、カラーボックス用の「インナーボックス」や、
      「布製ボックス」などを入れて、引き出せる収納に仕上げます。 

    •  

    • ワイヤーネット』で収納!
       
      好みのサイズのワイヤーネットを、
      専用ジョイントなどで組み立てて、棚を作ってしまいましょう。

      ワイヤーネットは、100均ショップでの購入が可能です、
      サイズの種類も、いろいろと選ぶことができます。

      ジョイントパーツも、
      ネジで止めるタイプや、パチンっと挟むだけのタイプなどがあります。

吹き出しicon「R01」

メッシュ ポケットや バスケット、
ラック・フック・ジョイント・トレーなど...

パーツやサイズの種類も豊富に揃っているので、
お好みの物を選んで、スペースを有効活用してください♪


Sponsored Link

奥行きが狭い場合の収納アイデア

奥行きが狭い場合、
まずは、スペースを確保しなければなりません!

そのためには、
デッドスペースになっている所を、うまく整理することで、
奥まで有効活用でき、収納力が向上します。


  • ハンガーポールに掛ける洋服は、長さを揃え、
    下の空いたスペースに、「突っ張り棒」で棚を作ります。

    突っ張り棒を、好きな高さに2本突っ張って固定し、
    「ワイヤーネット」をその上に置くだけで、簡単に棚ができます。


  • 奥の壁や横の壁にも、「ワイヤーネット」を取り付ければ、
    S字フックに、帽子やバッグなども掛けられます。d^^

    上述の様に、ワイヤーネットは、
    カゴやラックなどの、パーツも豊富に揃っているので、
    比較的使用頻度の高い、小物などを収納するには便利だと思います♪

奥行きを利用しても収納スペースが足りない!?

クローゼットの奥行きを利用しても収納スペースが足りない時のアイデア

断捨離して、さらに クローゼットの奥行きを使っても、
どうしても「収納スペースが足りない!」といった場合は ...

壁を使うことで、
「クローゼット + 奥行き」を、自分で作ってしまいましょう!

 
その方法は ...

まず、先程も紹介した『強力な突っ張り棒』を使って、
部屋の隅にハンガーラックを作ります。

さらに、その下にお好みの棚を置き、
手前に『突っ張りラダーパーテーション』で仕切れば、
簡単に、クローゼットが作れてしまいます。

ラダーパーテーションには、
棚板やフックなどが、付属している商品が多いので、
さらに収納できる上に、収納の幅も広がります。

吹き出しicon「R01」

はしご(ラダー)デザインなので、
比較的、圧迫感も軽減された印象となります。d^^

また、
ショップの様に、棚にも畳んでそのまま置くことで、
「見せる収納」にしてしまえば、よりオシャレ度UP!ですねっ♪

 
クローゼット収納のアイデアは、
限られたスペースに合う物を、しっかり選ぶことが重要です!

そうすることで、無駄な奥行きを有効活用できる上に、
誰でも、「スッキリ」かつ「きれい」に収納できるようになります。d^^


Sponsored Link

-生活・暮らし
-, , ,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.