ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

羊毛フェルトで手作り「雛人形」の作り方♪手順とコツを詳しく解説!

投稿日:

季節のイベントに合わせて手作りしよ~! の企画...

今回は、3月の行事、
ひな祭りの『雛人形』を、羊毛フェルトで作ってみましょう♪

羊毛フェルトで手作り「雛人形」の作り方♪手順とコツを詳しく解説!

 
以前の記事『フェルトボールの簡単な作り方』でも、
少し触れましたが...

そもそも、羊毛フェルトの作品作りを再開したのは、
「フェルトの端切れや、余った毛糸を何とかしたい」という気持ちからでした。

まだまだ、たくさん余っているので、
これらを使って作っていく事にします。d^^

 
というワケで、今回の「ズバリ解決~っ!!(xyz...)」では、

『羊毛フェルトで作る雛人形』の作り方を紹介します。

 
「手順に沿った作り方」の説明はもちろん、
作る際の「コツ」についても、写真付きでわかりやすく解説していきます。d^^


Sponsored Link

お雛祭りに「雛人形」を手作り!

桃の節句、ひな祭りに飾る「雛人形」なんですが...

近年では、マンション住まいの方も多く、
雛段飾りが置けない場合も、少なくありません。d^^

そのため、『親王飾り』という、
最上段の「男女一対」となる、親王さまだけ飾るご家庭が増えています!

 
その場合、やはり雛人形が寂しく思うので、
周りの飾り付けを買ったり、作ってみたりしることもあるかもしれません。

しかし!
「雛人形」自体を作る事って、あまりないですよね!?

 
でも、子供の頃を思い出してみてください!

女の子なら、
よくお人形さんごっことかして、遊びませんでしたか?

本当は、雛人形で遊びたいけれど、
怒られるから、触らないようにしていませんでしたか!?

 
ですので、『羊毛フェルト』を使って、
「子供たちが思う存分遊べる雛人形」を作ってあげましょ~♪

吹き出しicon「L01」

まさに、お人形さんごっこできる雛「人形」です。d^^
もちろん、ちょこんと飾っておいてもOKです!

 

羊毛フェルトで作る「雛人形」の作り方

それでは、作っていきたいと思いますが...

まずは、
手作りに必要な「必要な材料」の説明からです。 d^^


手作り「雛人形」の作り方を解説(完成作品と必要な羊毛フェルト)

 

手作りに必要な「材料」

今回の雛人形作りに使用した「羊毛フェルト」
それぞれのカラーは、以下のとおりです。

【必要な羊毛フェルト】

頭部 お雛様(女雛) 肌色・黒(少々)・白(少々)・赤(少々)
お内裏様(男雛) 肌色・黒(少々)・白(少々)
胴・着物 お雛様(女雛) ピンク・薄ピンク・赤(少々)
お内裏様(男雛) 水色・薄紫・青(少々)
小物類 お雛様(女雛) 黄色(少々)
お内裏様(男雛) 黄色(少々)
吹き出しicon「L01」

両方で、計「10色」の羊毛フェルトを使用することになります。

また、
羊毛フェルトの他に、「ニードル」「マット」も使いますが、
これらはすべて、100均ショップで購入することができますよ~♪

 
今回の様に、
「口に赤色を少し使うだけなのに、フェルトを買うのか~...」
などと思っていませんか?

 
そんなアナタのために、
ちょっとした「裏技」があるので大丈夫ですよ。d^^

別記事「簡単なフェルトボール作り方」の、
『超低コストで手作りする方法』を参考に、自作羊毛フェルトを作ってみましょう♪

 

雛人形の「作り方手順」

お内裏様(男雛)とお雛様(女雛)は、
作り方の手順として、それぞれ分けて説明しますが ...

途中までは、ほとんど同じ作り方なので、
「頭」「胴体」「着物」は、同じ大きさになるように、
2体同時に作っていく事をおすすめします!

吹き出しicon「L01」

同時進行しやすい様に、お雛様(女雛)の手順説明にも、
お内裏様(男雛)用のカラーも、記載しておきますね。d^^

 

お雛様(女雛)の作り方

それでは、前置きが長くなってしまいましたが、
さっそく作っていきますよ~ d^^

  • 手順
    肌色の羊毛で、2cm程の大きさのボールを作り、
    目の位置を決めるために、目の部分を重点的に差して顔の基礎を作ります!

    作り方のコツ

    ボールを作ったら、目の位置を人差し指の爪でギュッと摘まむと、
    跡がつくので、目の位置が決めやすいですよ d^^

  • 羊毛フェルトで作る雛人形「お雛様(女雛)」
の作り方手順 1~3

     
  • 手順
    薄ピンクの羊毛で、頭と同じ大きさぐらいのボールを作りますが、
    完全にボールにしないで、少しフサフサを残しておきます!

    作り方のコツ

    頭に付けやすくするために、必ずフサフサを残しておきましょう d^^
    【お内裏様(男雛)】胴体の色: 薄紫色
  • 手順
    手順①で作った、薄ピンクの胴体をニードルで刺して付けます!

    作り方のコツ

    胴体と合わせることで持ちやすくなるので、顔のパーツは後で作ります d^^
  • 手順
    ピンクの羊毛で、台形のシート状の着物を作ります!

    ※台形の大きさの目安は、
     約3cm(上底)× 約5cm(下底)× 約2.5cm(高さ)です。

    作り方のコツ

    うまく台形を作れない場合は...
    長方形を作ってから、ハサミでカットして台形を作り、
    切った部分を、ニードルで刺して慣らして作りましょう d^^
    【お内裏様(男雛)】着物の色: 水色

  • 羊毛フェルトで作る雛人形「お雛様(女雛)」
の作り方手順 4~6

     
  • 手順
    着物と同じ色(ピンク)の羊毛で三角を作り、袖の付け足す部分を作ります!

    作り方のコツ

    袖が短いので付け足す部分を作りますが、
    写真の様に、角は1つだけ作れば大丈夫です d^^
    【お内裏様(男雛)】着物(袖)の色: 水色
  • 手順
    着物に袖を付け足したら、胴体の中心が見えるように巻き、
    接している端の部分を、ニードルで刺して取り付けます!

    作り方のコツ

    着物の裾は、引きずった感じを出すために、
    人形を立たせた位置で、ニードルを刺して癖を付けておきましょう d^^
  • 手順
    赤いの羊毛を、ほんの少し丸めて点々の模様を着物に付けていきます!

    作り方のコツ

    ひし形や三角など、好みの模様にしてもOKですよっ d^^
    【お内裏様(男雛)】着物の模様の色: 青色

  • 羊毛フェルトで作る雛人形「お雛様(女雛)」
の作り方手順 7~9

     
  • 手順
    薄ピンクの羊毛を、胴体(底の部分)の隙間に足します!

    作り方のコツ

    人形が転がってしまうので、しっかりと立てるようになるまで足していきましょう d^^
    【お内裏様(男雛)】胴体の色: 薄紫色
  • 手順
    顔の中心に目を付けていきますが、
    まずは、黒い羊毛を少し指で丸めて付けたら、
    次に、さらに... と、大きさを変えながら目を作っていきます!

    作り方のコツ

    目のイメージで表情がほとんど決まるので、お好みで作っていきましょう d^^
    (もちろん、黒い点だけでもOKですよ~)
  • 手順
    細くした赤い羊毛を口の位置にあて、ニードルで刺して口を作ったら、
    黒の羊毛で、おでこに点々を付けます!

    作り方のコツ

    口元を多めに刺すと、ほっぺがぷっくりして笑った顔になりますよ d^^
    眉毛はかわいいので、麻呂眉にしてくださいねっ♪
    【お内裏様(男雛)】口の色: 黒色

  • 羊毛フェルトで作る雛人形「お雛様(女雛)」
の作り方手順 10~12

     
  • 手順
    髪は、もみ上げを姫カットの様に切って先に付け、
    バックは、後ろで束ねるようにな感じの髪型にしてみました!

    作り方のコツ

    5cm×2本で、細くねじった黒羊毛を髪の後ろに付け、
    ゴムに見立てた黄色い羊毛を、好みの位置に付けて髪をカットします d^^
  • 手順
    玉櫛(たまぐし)などと呼ばれる「頭の飾り」は、
    黄色い羊毛で3個の丸い粒を作り、合わせたものを頭のてっぺんに取り付けます!
     
  • 手順
    黄色い羊毛で檜扇(ひおうぎ)を作り、ニードルで付けたら、
    肌色の羊毛で2mm程の玉を作り、檜扇を持っている様に手を付け足します!

    【お内裏様(男雛)】 笏(しゃく)の色: 黄色
    (※「笏」の場合、1cm程の棒になっていれば、それっぽく見えますよっ d^^)

  • 羊毛フェルトで作る雛人形「お雛様(女雛)」
の作り方手順 13~14

     
  • 手順
    毛羽立っている部分があれば、ハサミで表面をカットし、
    全体の形を整えたら『完成』で~す!!


Sponsored Link

お内裏様(男雛)の作り方

次は、
お内裏様(男雛)を作っていきましょ~! と言っても...

同時進行していれば、すでにほとんど出来上がっていますよね。d^^

ですので、
お雛様(女雛)の作り方と異なる「顔」の作り方、
『お雛様(女雛)の作り方手順の⑨以降』からの説明をしていきます!

  • 手順
    お雛様(女雛)の作り方手順の⑨まで作ったら、口は黒の羊毛を使います。
    耳は、肌色の羊毛を少し指で丸め、顔の横にニードルで刺して付けます!

    (※写真は、目がまだ制作途中ですが... w)

    作り方のコツ

    耳は、横から見て真ん中
    前から見たら目の位置に付けると、バランスよく付けられますよっ d^^

  • 羊毛フェルトで作る雛人形「お内裏様(男雛)」の作り方手順 10~12

     
  • 手順
    黒の羊毛で、おでこに点々(麻呂眉)をニードルで刺して付けます!
     
  • 手順
    髪は、冠に見立てた「モヒカン」の髪型にしました~♪

    作り方のコツ

    黒の羊毛で2cm程のバットの形を作って、まずはモヒカンの形に取り付けたら、
    さらに羊毛を足し、フワッと差して毛量を調節しましょう d^^
  • 手順
    黄色い羊毛で作った笏(しゃく)を取り付け、
    笏を持っている様に、肌色の羊毛で手を付け足します!

  • 羊毛フェルトで作る雛人形「お内裏様(男雛)」の作り方手順 13~14

     
  • 手順
    毛羽立っている部分があれば、ハサミで表面をカットし、
    全体の形を整えたら『完成』で~す!!

 

作った雛人形の「飾り方」

作った雛人形の飾り台には、
毎年飾る『干支の置物の土台』を利用しましょう♪


「雛人形」の作り方解説(雛人形の飾り方)

 
どこかにしまい込んである!というご家庭も、
おそらく、少なくないのでは!?

吹き出しicon「L01」

もしなければ、赤いフェルトを四角く切って作りましょう♪

 
これは、
雛人形を「飾る」という目的も、もちろんあるんですが...

それ以外にも、
実はもうひとつ、裏の目的もあるんです。d^^(ニヤリ)

それは、
『子供たちが遊んだ後、同じ場所に片づける』ためです!

吹き出しicon「L01」

つまり、人形遊びの「ハウス」ですねっ♪

 
戻す場所があれば、きっと毎回戻してくれて、
愛着を持って、大切にしてくれるのではないでしょうか?

 
ちなみに私も、
母親からもらった小さな人形を、今も大事に持っています。
(もちろん、雛人形ではありませんが... w)


Sponsored Link

-趣味, 行事・イベント
-, , ,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.