ズバリ解決!XYZ

日常の疑問を解決する備忘録♪あなたの悩みを「ズバリ解決」!

春のお彼岸はいつからいつまで?2019年以降の期間がわかる一覧表

投稿日:

吹き出しicon「R01」

毎日毎日寒いんだけど、この寒さっていつまで続くの?

吹き出しicon「L01」

昔から「暑さ寒さも彼岸まで!」って言うでしょ!

吹き出しicon「R01」

なるほど d^^ ... で、その「彼岸っていつなの!?」

春のお彼岸はいつからいつまで?2019年以降の期間がわかる一覧表

 
冒頭の慣用句『暑さ寒さも彼岸まで』は、
「冬の寒さは春分頃まで、
 夏の暑さは秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる!」

といった意味なんですが...

たとえ、意味は知っていたとしても、
そもそも、肝心の『お彼岸』って いつなのか分かりますか?

 
期間についてまで分かる人は、意外と少ないのではないでしょうか?

それもそのはず、
なぜなら、「お彼岸は毎年変わる」からなんです。d^^

 
そこで、今回の「ズバリ解決~っ!!(xyz...)」では、

春のお彼岸は、いつからいつまでなのか?』について解説していきます!

 
また、
2019年以降のお彼岸期間がわかる「一覧表も作ってみたので、
これを参考に、お墓参りなどの計画を立ててみてくださいね♪


Sponsored Link

お彼岸の時期と期間

『お彼岸の時期』を詳しく知るために、
まずは、「国民の祝日」から見てみましょう!

  • 【春分の日】・・・自然をたたえ、生物をいつくしむ日
  • 【秋分の日】・・・祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日

 
国民の祝日「春分の日」「秋分の日」は、
それぞれ、この様に定められています。d^^

 
仏教の世界では、

  • 亡くなった ご先祖さまのいる世界を「彼岸(ひがん)」
  • 私たちが生きる こちら側の世界を「此岸(しがん)」

と考えられるようになりました。

吹き出しicon「L01」

また、
「彼岸」西に位置し、「此岸」に位置するとされています。

春の彼岸はいつ?「お彼岸の時期と期間」

 
年に2回、「春分の日(3月)」「秋分の日(9月)」は、
太陽が真東から昇り、真西に沈みます!

そのため、彼岸と此岸が通じやすい日になると考えられ、
この時期に先祖供養をすることで、ご先祖の冥福を祈るようになったのです。d^^

 

春のお彼岸はいつからいつまで

では次に『お彼岸』についてです!

「お彼岸」は、

  • 3月「春分の日」・・・ 3月21日頃(※その年により変動)
  • 9月「秋分の日」・・・ 9月23日頃(※その年により変動)

となっていて...
この「前後3日間を合わせた計7日間(1週間)」『お彼岸の期間』となります!

吹き出しicon「L01」

ちなみに... 該当日、
つまり、春分の日・秋分の日を「中日(なかび・ちゅうにち)」と言い、
それぞれ、初日を「彼岸入り」、終日「を彼岸明け」と言います。


Sponsored Link

「お彼岸の期間」は毎年違う!

「お彼岸の期間」の7日間(1週間)に行う事はと言えば、
中日が、ご先祖さまに『感謝をする日』ですね!

その前後の6日間は...
人が生きていく上での、善し悪しをきちんと判断し、
正しい行いができるようになるための「六波羅蜜」を行います。

  1. 【布施(ふせ)】分け与える
  2. 【持戒(じかい)】戒律を守る
  3. 【忍辱(にんにく)】耐え忍ぶ
  4. 【精進(しょうじん)】努力する
  5. 【禅定(ぜんじょう)】心を安定させる
  6. 【般若(はんにゃ)】智慧(ちえ)を完成させる

これらを、1日に1つずつ行う大切な期間なのです。

吹き出しicon「L01」

『六波羅蜜(ろくはらみつ、ろっぱらみつ)』は、
この世に生かされたまま、
彼岸(悟りの世界)に至るための「6つの修行」のことです。d^^

 
「春分の日」「秋分の日」は、
国立天文台が『暦象年表』という小冊子に基づき、
毎年2月に開催される閣議によって、翌年の日程が決められ発表されます。

吹き出しicon「L01」

ですので、毎年その日程が変わってくるのです!

春の彼岸期間はいつからいつまで?「お彼岸の期間は毎年違う!」

 

春彼岸の期間「一覧表」(2019年~2030年)

さて、ようやく本題にたどりつきました! w

 
2019年以降の『春のお彼岸はいつからいつまで』については...

上述の様に、「春分の日」は毎年変わるので、
それに応じて、当然「お彼岸の期間」も毎年変わってきます!

 
しかし、
地球の運行状態などが、現在と変わらないと仮定すれば...

国立天文台の計算に基づいて、
将来の「春分の日」を、計算で予想することができるのです。d^^

 
その計算結果(春分の日)から、
2019年以降の『春彼岸の期間』を、一覧表にまとめてみました。

 
【2019年~2030年「春のお彼岸の期間(曜日付き)」一覧表】

西暦 いつから(彼岸の入り) 春分の日(中日) いつまで(彼岸の明け)
2019年 3月18日(月) 3月21日(木) 3月24日(日)
2020年 3月17日(火) 3月20日(金) 3月23日(月)
2021年 3月17日(水) 3月20日(土) 3月23日(火)
2022年 3月18日(金) 3月21日(月) 3月24日(木)
2023年 3月18日(土) 3月21日(火) 3月24日(金)
2024年 3月17日(日) 3月20日(水) 3月23日(土)
2025年 3月17日(月) 3月20日(木) 3月23日(日)
2026年 3月17日(火) 3月20日(金) 3月23日(月)
2027年 3月18日(木) 3月21日(日) 3月24日(水)
2028年 3月17日(金) 3月20日(月) 3月23日(木)
2029年 3月17日(土) 3月20日(火) 3月23日(金)
2030年 3月17日(日) 3月20日(水) 3月23日(土)
 
※ ただし、『地球の運行状態は常に変化』しています!

吹き出しicon「L01」

ですので、将来観測した結果が、
必ずしもこの「計算結果の通りになるとは限らない」ので、
ご理解の上、あくまで参考としてご覧になってくださいね。d^^


Sponsored Link

-季節・気候
-, ,

Copyright© ズバリ解決!XYZ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.